多くの会社では、いわゆるバックオフィスといわれる、総務や人事、労務を行う部署があります。これら3つは業務内容に違いがあるものの「総務人事」や「管理部門」といったように一括りにされてしまうケースは少なくありません。なぜ、一括りにされてしまうのでしょうか。

 そこで本記事では、「総務」「人事」「労務」の違いや、一括りにされてしまう理由についてご説明させていただきます。

 

総務と人事と労務

 まず、総務と人事、労務の仕事内容について触れていきます。

 

総務の仕事内容

 総務とは、社員の働く環境を整え業務をサポートする仕事を指します。主に、受付、来客対応、備品・土地・建物の管理等が総務の仕事に挙げられます。また、他の部署が扱わない一切の業務を担うのも総務の役目です。

総務の仕事内容に関して詳しくはこちら

 

人事の仕事内容

 人事は、人材に関する業務を指します。主に挙げられる仕事内容は以下です。

・人員配置

 昇進、部署異動等の人員配置の戦略を立案します。適切な判断が出来るように、各部署とのコミュニケーションが必要です。

・採用

 採用では求人を出して応募者と面接をする、といった一連の業務をこなすことはもちろんのこと、経営計画を基に「どんな人材を」「何人」「どのタイミングで」等の採用戦略を練る必要があります。さらに、練った戦略を形にするために、どの採用媒体が適切なのかを判断したり、説明会では何をアピールするのかを考えたりしなければなりません。

 また、採用業務は予算に沿った対応が求められます。

・人材教育

 採用者を対象とした新人研修、既存社員に対する職務研修やマネジメント研修等の企画を行います。研修を手厚くすることは、社員の成長意欲を高めるきっかけになるのです。そのため、人事担当者は、人材教育を行う重要な役割を担っています。

・評価制度の策定

 社員を評価する指標となる、評価制度や昇進制度等をつくるのも人事の仕事です。経営陣からの様々な意見を取り入れながらつくらなければならないため、柔軟な対応が求められます。

 

労務の仕事内容

 労務は、労働に関する事務のことを指します。主な仕事内容は以下です。

・勤怠管理、給与計算

 社員の勤怠管理や給与計算を行います。どちらも定期的に発生する業務ですが、社員の給与に関わるため正確さが求められます。

・社会保険の手続

 社員の雇用や退職、扶養家族の増減に伴って発生する健康保険や厚生年金、雇用保険等の手続を行います。期限が設けられている場合もあることからスピーディーな対応が求められています。

・健康診断の対応

 社員が円滑に健康診断を受けることが出来るように対応をします。

 

 これらの他に、福利厚生に関連する手続も労務が対応をしなければなりません。

 

一括りにされる理由

 以上のように、総務と人事、労務の仕事内容は明確に違いがあります。では、なぜ一括りにされてしまうのでしょうか?

 特に一緒にされる傾向にある、「総務と人事」「人事と労務」について見ていきましょう。

 

総務と人事が一括りにされる理由

 総務と人事は「総務人事」といったように一括りにされるケースがあります。これは、一括りにすることで会社にメリットが生まれるためです。

 総務は日常的に業務があります。一方で人事は日々、一定量の仕事があるわけではありません。例えば、給与計算や年末調整等は特定の時期に業務が集中します。これにより、小規模の企業等では、人事担当者は時期によって手を余らせてしまうことが考えられます。

 そういったことを防ぐために、定量的に仕事がある総務の中に人事業務を入れます。会社にとっては、人材の効率的な活用と人件費の抑制が出来るため、「総務人事」と一括りにしている中小企業は少なくありません。

 

人事と労務が一括りにされる理由

 人事と労務は、どちらも「社員」を対象とした業務を担っています。

 人事は、社員1人1人の実力を発揮してもらうために、人材の採用や評価、人員配置等、「従業員個人を対象にした業務」を行います。

 一方で労務は、社員が働きやすい環境に整えるために、福利厚生の管理や社会保険の手続、健康診断の対応等、「会社全体を対象にした業務」を行います。

 つまり、人事は「対個人」、労務は「対組織」の仕事をするという違いがあります。

 また、人事の比べ労務の方が、労働基準法や健康保険法、労災保険法といった様々な法律が関係してくるため、深い専門知識がなければなりません。そのため、大企業等では人事と労務を分業出来るよう、人事部とは別に労務部を設けている会社も珍しくありません。

 以上のように違いあるものの、人事と労務には「人材の効果的活用を行うことによる組織の活性化」を行うという共通点があります。

 そのため、企業によっては、労務の仕事は人事担当者が行っているケースも少なくないのです。

 

まとめ

 一括りにされがちな「総務」「人事」「労務」の違いを理解していただけましたでしょうか。業務内容が違うものの会社側の都合や、共通点があることから、これら3つは一括りにされる傾向にあるのです。

 総務や人事、労務関係への転職を検討している方は、本記事を一読したことで「入社してみたら仕事内容が想像と違った」といったようなことは防げるでしょう。